ワンポイントアドバイス

 家の中に取り入れる明るさには、二つあります。  一つ目は、直射日光。  これは誰でもイメージが出来ます。  影になっているかなっていないか。  土地や中古マンション、中古住宅、建売住宅などを見る時には、現地で確認することが可能です。  注意が必要なのは、見たときの直射日光は、一年中同じではないということ。...
 商品があると、どうしても仕方のないことですが、 その商品を売らなければならないという意識が芽生えます。  それ自体が悪いことではないですが、問題は仮に情報が偏ったとしても、マイホームの場合は購入者がそれに気づきにくいということです。...

 マイホームの計画では、スピード感も大事になります。  特に土地や中古物件、建売など、売られているものしか買えない、現品限りの計画の場合、スピード感は更に必要になります。  私たちが購入するほとんどの買い物は、製品ものを購入するので、売り切れることがあっても、待てばまた同じものが購入できます。...
 最近、新築建売住宅のプロデュースが増えています。  あらゆる選択肢の手ほどきが出来るマイホームプロデューサーだからこそ、検討手順にも違いがあります。  一般的なお客様は、建売住宅のチラシや看板、ネットでの物件情報をもとに、直接問い合わせをしてその物件を見学します。...

 たまたま、不動産コンサルタントというようなお仕事をなさっている方が、お話をしているところを聞く機会がありました。  私個人としては、違和感を感じることが多かったです。  というのも、例えば大手メーカーと工務店どちらがいい、とか、マンションと戸建てはどちらがいい、など、それらを断定的に良い悪いを伝えてらっしゃったからです。...
 マイホームの計画に、不安や心配は付き物です。  誰にも将来のことが分からないわけですから、不安に思うことも仕方ないですね。  マイホームを手にした方が、そういう不安なく進めたかというと、もちろんそんなはずはありません。  皆さん多くの不安や心配があって、その上で今に至っています。  私の自宅を建築した際も、色々とありました。...

ワンポイントアドバイス · 20日 12月 2018
 今年は建売住宅や中古戸建、中古マンションなどのお手伝いが増えた一年でした。  それらはほとんどのケースで不動産業者が関わります。  お客様がどのようにその業者を選んでいるかというと、今の時代はネットで物件を見て、その会社に問い合わせをして進めるというケースが多いようです。...
ワンポイントアドバイス · 22日 10月 2018
 部屋の広さというのは、実際の広さがどうというのも当然関係しますが、感覚的に受ける影響も関係しています。  感覚によって、同じ広さでも、広く感じたり狭く感じたりするということです。  例えば、数年前から流行りだして、今では賃貸住宅でも積極的に取り入れられている、アクセントクロス。...

 持ち家から持ち家へ住み替えをする。  その際の注意点の一つとして、スケジュールがあります。  住み替えをする方のほとんどが、引っ越しは一度で済ませたいと考えます。  それはそうですよね、引っ越しにはそれなりの労力とストレスがかかるので、無駄に多い引越しは避けたいものです。  しかしそれが許されないケースもあるのです。...
マイホーム計画におけるサービスには種類があります。

さらに表示する