不安との付き合い方

 マイホームの計画に、不安や心配は付き物です。

 

 誰にも将来のことが分からないわけですから、不安に思うことも仕方ないですね。

 

 

 

 マイホームを手にした方が、そういう不安なく進めたかというと、もちろんそんなはずはありません。

 

 皆さん多くの不安や心配があって、その上で今に至っています。

 

 

 

 私の自宅を建築した際も、色々とありました。

 

 うちのカミさんは、毎日のように期待と不安を行ったり来たりしていました。

 

 ある夜に帰ってきて食事をしながら話をしていると、「明日にでも完成して引っ越したいね」と期待を募らせたかと思うと、次の日には、「本当に支払っていけるんだろうか……」と、不安を私にぶつけてきました。

 

 

 

 そんなカミさんも、友人がマイホームを検討する際は、「やりだしたらすぐに慣れて、ローンの支払いもちゃんと出来るから、

心配しなくてもいいよ」と言っていて耳を疑いましたが。

 

 

 

 未来は見えないから、不安や心配はなくなりません。

 

 だからと言って、逆に大丈夫だと思っている現在が、そのまま崩れないとも言い切れません。

 

 つまり安心だと思っている今も、不安に感じる未来も、すべて不確定なことだということですね。

 

 

 

 であれば何が出来るのか。

 

 それは「今」の「決断」と「選択」だけだと思うんです。

 

 未来は変わります。

 

 想定した未来にならないことも多々あります。

 

 というより、想定した未来がきっちり訪れることの方が少ないのではないでしょうか。

 

 私も家を建てた際は、ずっと前職の会社に勤めると思っていました。

 

 でも12年経った今、まったく違うところに立っています。

 

 他の買い物と違って、かなり長いスパンで考えなければならないマイホームは、想定外ばかりが付き物なのかもしれません。

 

 

 

 そうやって想定出来ない未来に進んでいくのであれば、その都度「今」の決断と選択をしていくしかないのではないでしょうか。

 

 不安や心配は無くならないものとして、それと上手に付き合いながら、今出来る決断と選択をする。

 

 それを重ねることで、結果的に、不安の少ない未来に辿りつくのではないかと、勝手に思っています。