· 

住宅ローンの借り換えのメリットは?

 昨年開催した、生命保険の担当者向けのセミナーの後、住宅ローンの借り換えに関する相談を多々受けるようになり、借り換えプロデュースをスタートしました。

 

 

 

 10年前に借りた住宅ローン、当時はその選択が正しかったというものでも、条件が変わったりして、見直すことによるメリットが出ることがよくあります。

 

 

 

 特に今は、住宅ローンの第三世代と私が勝手に名付けているほど、住宅ローンの内容が大きく変わっています。

 

 それは、金利差だけの判断では終わらないということです。

 

 

 

 住宅ローンというのは、二つの側面を持っています。

 

 それは、借金という側面と保険という側面です。

 

 借金という側面で見た場合、一番大事になるのが金利。

 

 第二世代では、この金利を下げていくことによる商品性がアピールされました。

 

 私が住宅業界に入った22年前には想像できなかったほど、住宅ローンの金利は下がっています。

 

 

 

 ただこれ以上金利を下げようがないところまできた中で、第三世代と勝手に呼んでいる今の状況になりました。

 

 それは保険の充実による商品性でのアピール。

 

 これにより、金利差のメリットがそれほどでなくても、保険内容の充実によるメリットが生まれ、保険の見直しも行うことにより、家計全体での効果を期待できるようになりました。

 

 

 

 詳しくはご相談いただくのが一番ですが、以前なら借り換えにメリットが出にくかった方にも、メリットが出るケースが多くなりました。

 

 

 

 そして医療の検査技術の充実が進む中、この保険でのメリットがでずっと続くかも疑問です。

 

 

 

 ご興味おありの方には、進めて大丈夫そうかどうか、メリットが本当にあるのかどうか、などお伝えしますので、個別にご相談ください。