· 

目の前の数字だけの業者 

 先日、久しぶりにとんでもない業者に巡り合いました。

 

 

 

 不動産取引では、買付証明というものがあります。

 

 予約というか、交渉の優先順位を確保するようなものです。

 金額の交渉をする場合、この買付証明を出してからの交渉になります。

 

 

 

 時間的に最初に出した方から交渉し、二番手が入ることもあります。

 

 二番手が入る場合は、金額交渉なしでもいい、という条件がよくあり、その場合、一番手がもともとの売買金額で合意しないのであれば、買付を取り下げる形で二番手に交渉権が移ります。

 

 

 

 売主は当然少しでも高く売れる方がよく、買い手側としては少しでも安く買える方がいい。

 

 その中でのお互いの妥協点を探って、売買契約成立となります。

 

 

 

 とんでもない業者というのが、買付証明を一番に出している方への返答を先延ばしにし、

 

それを踏まえて二番手候補に働きかけ、金額を上げさせて、一番手とちゃんと交渉することなく、二番手と契約すると一方的に言いました。

 

 

 

 まさに利益を先にし、義理を無視した業者です。

 

 こういう業者は、自身に不利になった時に逃げる業者なのだろうという印象もあります。

 

 不動産のような大きな金額の取引の場合、信用と信頼が大事で、それが長く評価されるための必須条件のようにも思います。

 

 

 

 ハウジングストーリーの社是は「先義後利」

 

 こういう反面教師を目にするたびに、購入者に寄り添い、購入者利益を守っていけるように、まっとうに歩んでいこうと心に誓っています。