本当に中立?

 先日知人から、ある会社の存在を紹介されました。

 

 家づくりの中立相談窓口だというその会社。

 

「香月さんのサービスと同じようなものですか?」と。

 

 

 

 サイトを確認すると、建築家や工務店選びを、第三者的な立場からお手伝いするということでした。

 

 似た立ち位置に思われそうですが、マイホームプロデューサーとは全く違うものでした。

 

 

 

 その会社は、建築家や工務店に限定される形になるので、出口がそれらに決まってしまいます。

 

 利益の入り方が決まっているからです。

 

 別にその形を否定するつもりはありませんが、そのやり方の場合、大手メーカーは無し、マンションや中古や建売も無しでしょう。

 

 そういう選択肢の提案は全く利益にならないので、されることはないでしょう。

 その会社のスタイルがいいとか悪いではなく、建築家で家を建てることが決まっている方にとっては、中立であって、そこに強みを持つ会社ということです。

 

 

 

 マイホームの方向性は、価値観や資金計画、将来の状況によって様々です。

 

 中には、進めてみないとどこに落ち着くか分からない計画もあります。

 

 だからこそ、全ての可能性を消さずに進めていける存在が大事だと、私は考えています。

 

 

 

 マイホームプロデューサーは、注文住宅であれば、工務店でも大手メーカーでも建築家でも関係なくお手伝いでき、中古も建売も、マンションもお手伝い出来るという稀有な存在です。

 

 どんな形のマイホームでも、より満足しより安心し、よりスムーズに進めて頂くために、マイホームプロデューサーとしてますます精進します。