· 

後々まで考えた提案

「失敗事例に学ぶ注文住宅満足への道」の中で、なぜ不満に繋がってしまうのかといういくつかのポイントをお伝えしています。

 その中の一つが、スタートとゴールの違い

 

 住宅会社にとってのゴールは、家の引き渡しになりますが、お客様にとってのゴールはそこではなく、家の完成はスタートとも言えるものになります。

 

 そのズレに不満の種が潜んでいるわけです。

 ずっと住み続けていくお客様のために、提案する側にプロとしての自覚が必要です。

 

 建てる側のお客様にとってはコストも重要な問題。

もっと下げたいと考えるのは仕方のないことです。

 しかし言われるがまま変更して、後々不満に繋がりそうなポイントをスルーしてしまうのは、プロとしての矜持にかけると言えます。

 

 お金をかけてでもやった方がいいこと、後から余裕が出来て取り組んでもいいこと、お金をかけるべきではないところそういうことを、お客様の後々の生活まで考えて、メリットデメリットをお伝えしていくのがプロの仕事です。

 

 お客様は、初めてのことで分からないことも多々あります。

 初めてであっても、たくさんの経験値の中から、最適なものを選ぶ。

 その選択肢を提案していくために、プロはいるはずです。

 

 お金のためだけにその大事な部分を見逃してしまっている住宅会社がいることに、残念な気持ちになってしまいました。

 そしてそれをちゃんとフォローするために私がいるのだと、使命感を改めて強く感じた時でした。