· 

自己資金を貯めて損をする?

 セミナーの中でもお伝えしていることですが、頭金として自己資金を貯めることで、損をしてしまうことがあります。

 

 

 

 そういうと、え?と驚かれるかもしれませんが、事実です。

 

 

 

 昔は借入金利が高く、預貯金金利も高かったので、しっかり頭金をいれることが大事でしたし、貯めることで損をすることなんてそうそうなかったでしょう。

 

 しかしこの低金利下に置いては、それが当てはまらないのです。

 

 

 

 自己資金を貯めても損をしないのは、結果的にオールキャッシュになる方と、家賃がない、もしくは極端に安い場合です。

 

 

 

 セミナーでは一つの例として、家賃が6万円で、住宅ローンとしての支払いは月々10万円というケースで、3年間自己資金を貯める形のシュミレーションを紹介していますが、その場合で、3年間で108万円も損をしてしまう形になります。

 

 自己資金を頑張って貯めて、結果的に損をしていたなんて悲しすぎます。

 

 

 

 だからといって焦って計画する必要はないでしょうが、ちゃんとした情報をもとに、「自分で選ぶ」ことが大事だと考えています。

 

 

 

 詳しくは、「ライフプランから考える資金計画」で紹介いたします。