· 

契約ありき、ではなく、満足ありきに 

 以前もブログで紹介したことがありますが、土地の契約が終わっていないのに、建物の契約をする住宅会社があります。

 

 別名「空中契約」というこの契約の流れ。

 おかしな契約なのですが、すべてが初めてなお客様は、そんなこと分かるはずがありません。

 

 土地を購入して建物を建築する計画の場合、建物の契約よりも先に、土地の契約をしておく必要があります。

 建物の請負契約書には、建設地の所在の表記もありますし、最低でも契約が終わっていることが前提となります。

 

 土地の契約が終わっていないのに建物の契約をすることを、空中契約と言ったりします。

 住宅会社はなぜそんな、普通ではない流れで、契約を迫るのでしょう。

 

 これは満足ありきではなく、契約ありきになってしまっているからです。

 笑顔よりも、数字を得ようとしているからに過ぎません。

 こういう契約をしようとすると、契約の後の対応も雑になりがちで、前回のブログで紹介したような、契約後に印象の変わる担当になることもしばしばです。

 

 一生で一回の計画を進めているお客様にとっては、何が普通で何が普通でないかを知る由もないわけですから、その計画に携わる担当であるならば、目の前の数字を追うことよりも、お客様の満足を優先し、まっとうな仕事を覚悟を持ってやってほしいものです。

 

 契約前に私が出会えていたなら、防げたのかもしれませんが、未だにこういう契約ありきで進めようとする会社や担当がいることが、残念でなりません。

 

 マイホームプロデューサーの認知度をもっと高めて、早い段階で関われるようにしなければと、本気で感じました。