· 

住み替えの時の注意点(税金面)

 マンションから戸建てとか、戸建てからマンションへなど、住み替えの計画をされる方の相談が良くあります。


 売却が絡む時は色々と注意点がありますが、その中でも税金面で気を付けるポイントを紹介します。

 今の住まいを売却する時に、利益が発生した場合、譲渡所得税という税金がかかります。

 売却費-取得費-必要経費=売却益

 取得費がはっきりしない場合は、売却費の5%が取得費という計算になります。
 取得費は最初の購入にかかった費用から、減価償却分を差し引きます。

 この売却により、利益ではなく損失が発生した場合は何の心配を要りません。
 利益が発生した場合だけ、気を付ける必要があります。

 長期譲渡所得税は、利益が出た額の20.315%。
 1000万の売却益が出たら、2,031,500円になります。

 住んでいた家を売却した場合、条件が合えば、3000万特別控除といって、利益の額から3000万までは税金がかからない制度があるので、これを利用するのも一つです。

 ここで注意点があります。

 住み替えの家でも住宅ローンを組む場合、住宅ローン減税を利用すると思いますが、この住宅ローン減税と3000万控除、どちらかの選択なのです。
 つまり住宅ローン減税を使いたいのであれば、3000万特別控除は使えない。
 どちらかを選ばなければならないということです。

 それを知らずに、譲渡所得税で大きな出費があったという方もいます。
 住宅会社や不動産会社の担当は、税金のプロではないので、間違って伝えていることもあり得ます。
 やはり税理士さんなど、税金のプロに確認しながら進めていきたいものです。

 

メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!