整理と整頓

 整理整頓という言葉があります。


 片付けるという観点で見た時、この言葉を「整理」「整頓」という二つの側面で見ることに価値があります。

 整理とは、簡単に言うと「捨てる」ことです。
 断捨離というものが一時期ブームになりました。
 執着しないということが一番のポイントになるのかもしれません。(ちなみに断捨離は登録商標です。これは執着でないかという声が一部あるようですが……)

 そして捨てるために必要なのは、まず知るということです。
 片っ端から捨ててしまえというアドバイザーの方もいますが、捨てる前にやるべきは「選ぶこと」。そして選ぶために必要なのが「知る」ということです。

 どれだけのモノを持っているのか。
 持っているモノとその量を知っているから、本当に必要なものを選ぶことによって、
無駄なモノも処分出来ますし、不必要なモノを買わずに済みます。

 片付かない、モノが溢れている。
 そういう家で多いのは、「知らない」ことから繋がっているケースが多いのです。

 どこに何があるか分かっている状態だと、この「知る」ということは比較的簡単です。
 しかしそれが分からずに、手前から手前から置いていったり、上から重ねていったりすると、全く分からなくなってしまいます。

 つまり整理するためには、あるモノがあるべきところにあるという、整頓がされていることが大事だということです。

 

 

 

 モノがあるべき場所に収まっている状態を作ること。
 それを整頓といいます。
 ただ綺麗に並んでいる状態が整頓ではありません。

 整理整頓されている収納とは、必要なモノが、必要なだけ、あるべき場所に収まり、それをいつでも取り出したり収めたり出来るということです。

 大掃除したりして綺麗に収納できたとしても、それがただ収まっているだけでは、その状態は長続きしません。

 まず必要なのは、使う場所の近くにあること
 遠くにあっては、やがて使う場所の近くに置きっぱなしになります。

 次にモノの用途に応じて、しまう場所が分かれていること
 大分類、小分類という形に分かれているとより良いでしょう。
 使う人によって大分類をするのも一つです。

 そうやってスペースが決まれば、見当たらずに無駄に買い足すこともなくなりますし、
必要以上に増えていくこともないでしょう。

 つまり整理がちゃんとされるからこそ、整頓もよりしやすく、その状態も長く続くということです。

 整理と整頓、それぞれ意識しながら、
 スッキリした状態を長続きさせたいですね。

 プロデュースの中では、収納計画に関するアドバイスもさせて頂いています。
 着工前であれば、契約後であってもお手伝い出来ますので、お知り合いの方に是非ご紹介下さい。
 セカンドオピニオンに関してはこちら

 

 

メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!