明るさの感じ方

歳を重ねる中で、

 

明るさの感じ方が変わってくるそうです。

 

同じ明るさでも、

 

暗く感じるようになるみたいです。

 

 

 

マイホームの計画に携わる担当の方が、

 

若い方の場合、

 

こういうことが良く分かっていないことが多いようです。

 

 

 

この明るさの感じ方というのは、

 

ほとんどすべての方がそうみたいなので、

 

しっかりと考えておく必要がありそうです。

 

特に50代からの家づくりの場合、

 

すぐにそういう感じ方をする可能性があります。

 

なので、担当者の「このくらいで充分ですよ」という言葉は、

 

疑ってかかるくらいで丁度良さそうです。

 

 

 

30代前後の家づくりの場合、

 

感じ方が変わってくる頃には、

 

リフォームも一緒に検討する時期かもしれません。

 

そうなると今はそこまで考えなくてもいいかもしれませんが、

 

50代だとすぐそこでですし、

 

60代だといよいよといった感じです。

 

特に先ほどの話題の「ノイズ」という視点で照明を捉え、

 

一般的なシーリングライトよりダウンライトが多用される現状では、

 

明るさ不足が発生するケースも少なくありません。

 

そんな際は、若い世代の方が眩しいと感じるくらいで、

 

可能であれば調光スイッチといって、

 

明るさを絞れる調節が出来るようになっているものがあるので、

 

そういうものを利用するのも一つです。

 

 

 

いずれにしても、後から暗くするのは簡単ですが、

 

明るくするのは難しい、

 

それを忘れないようにしておいてください。

 

メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!