デザインか使いやすさか?

家に求めるものは、

 

人によって違います。

 

デザインを求める方もいれば、

 

使いやすさを求める方もいれば、

 

落ち着きを求める方もいれば……。

 

価値観は人によってさまざまで、

 

しかしそれでも住む人の便利さはちゃんと考えられるのが、

 

家づくりに携わる者の勤めだと感じています。

 

 

 

デザインばかりに目を向けてしまうと、

 

そこに住む人のことを見失ってしまいます。

 

 

 

建築用語で「ノイズ」というと、デザイン上邪魔になるもの、

 

空間の統一性を妨げるものを、ノイズと呼びます。

 

中には何でもかんでもノイズとしてしまい、

 

エアコンやスイッチやコンセントなど、

 

デザインを重視するがあまり、使いやすさにまったく配慮されていない家もあります。

 

 

 

見た目的にこっちの方が綺麗だから、

 

住む人はそれに適応するように住んでください。

 

これはある意味乱暴ではないでしょうか。

 

ただの作品ではなく、

 

高いお金を払って、生活していく家をお客様は作るわけですから、

 

最低限の配慮はしてほしいと感じます。

 

しかしそういうことすら、

 

私が関わってないと分からないことなのです。

 

 

 

先日詳細図のチェックをさせて頂いた方も、

 

そういうところが見て取れました。

 

本当に人の流れというものを意識しているのだろうかと……。

 

夜寝る時に、夜出かける時に、

 

あっちに行って明かりを点けて、あっちに行って明かりを消して、

 

まとまれば動きはスムーズなのに、どれだけ歩かせるのだろうと……。

 

 

 

「香月さんに入ってもらっていて、本当に良かった。

 

 こんなこと絶対に考えようもなかったし、気付けなかったです」

 

 

 

そういう言葉は嬉しいと思える反面、

 

配慮のなさすぎる提案を残念にも感じてしまいます。

 

高いお金を頂いて建築していくのだから、

 

もう少し住む側の身になってほしいと感じるものです。
メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!