体感温度

家の中にいて、

 

暑いとか寒いとか感じるのは、

 

室温だけではないということは、

 

みなさんご存知のことでしょう。

 

湿度などによっても大きく変わりますよね。

 

 

 

その中で今回は、

 

輻射冷却のお話をします。

 

 

 

室温というのは、空気の温度になりますが、

 

もう一つ大きな要素が輻射、つまり、

 

周りにあるものの温度から受ける影響というものがあります。

 

室温は高いはずなのに、

 

なかなか温かいと感じない、というような時は、

 

この輻射による影響を受けていることが多いです。

 

 

 

当然身近にある家具などの影響も受けるでしょうが、

 

家の中にいる時に一番影響を受けるのは、

 

床と壁ではないでしょうか?

 

その内、床に関しては、

 

床暖房をかけている家もあれば、

 

ホットカーペットなどの敷物をしているところもあるでしょう。

 

そういう何らかの形で防いでらっしゃる方が多いようです。

 

 

 

しかしもう一つの壁に関して、

 

対策をされていない家は多いですね。

 

断熱対策がしっかりされていても、

 

触って温かいと感じる壁は少ないものです。

 

壁を温めるということはなかなかしないので、

 

そこから輻射で寒さを感じることもあります。

 

例えば書斎や勉強部屋の足元が寒く感じるというのも、

 

足元の壁から輻射で感じていることもあります。

 

そしてそういう壁があれば、

 

アルミの断熱シートなどの簡単なものでもいいので、

 

冬の間だけでも壁に貼ってあげると、

 

感じる寒さを低減することが出来るようになり、

 

その結果、暖房費を抑えることも出来ます。

 

 

 

床や窓、隙間に対する対策はどこでもなさっていますが、

 

もしかしたら弱点になっている壁があり、

 

そこに簡単な対策をするだけで、

 

寒さを感じにくくなるかもしれません。

 

 

 

寒く感じる部屋があったら、壁を触ってみましょう。
メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!