住宅ローンを組む前の借り入れにご注意を

先月、借り換え希望のお客様が、

 

二件連続で借入できませんでした。

 

その内一件は教訓めいたものもありましたので、

 

紹介させて頂きます。

 

 

 

住宅ローンの審査をする場合、

 

審査基準は色々とあるのですが、

 

返済比率という審査を行います。

 

これは、住宅ローンを含めたローンや割賦払いの合計が、

 

年収に対して一定基準以下になっているかどうかを見るものです。

 

 

 

そしておそらく、この基準を厳しく見るのが住宅ローンの審査で、

 

他の、例えば車のローンなんかはそこまで厳しく見ないようです。

 

 

 

そのお客様、住宅ローンを返済しながら、

 

お子様の車のローンを組むために、

 

ご主人が借主となり、返済同等額をお子様から預かっていたようです。

 

実際に支払っているのはお子様になりますが、

 

借主はあくまでもご主人。

 

他の車もローンで返済中で、

 

借換をしようとしても、

 

返済率オーバーで、借り換えが出来ませんでした。

 

借り換えが出来ていれば、400万近く総返済額を減らせていたのに、

 

残念ながらこのタイミングを活かすことは出来ませんでした。

 

 

 

ライフスタイルがありますから、

 

必要なものは必要になっていきます。

 

しかしそれがその後の選択肢を狭めることになることもある。

 

それを知らされる事例になってしまいました。

 

 

 

借り入れをされる際は、

 

将来の可能性も考えながら、

 

慎重にされることをお勧めします。
メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!