業者都合

お客様にとっては、一生で一回のマイホーム計画も、

 

住宅会社からすると、数字にしか見えない会社もあるようです。

 

 

 

先日もそんな場面に遭遇しました。

 

お客様が気に入った土地、親御さんの承諾と応援、

 

マイホームの計画を一歩一歩進めてきたお客様も、

 

住宅会社が目の前の数字が欲しいという焦りから、

 

お客様の不安を解消することなく、契約締結を急ぎ、

 

それが原因でお客様が不信感を抱き、

 

結局その住宅会社との信頼関係は修復できないままで、

 

マイホームの計画そのものを見送ることになってしまいました。

 

 

 

私がプロデュースという形で関わって入れば、

 

防げる流れだったのですが、

 

残念ながらそれが出来ませんでした。

 

 

 

担当の方も、上司から言われて仕方なくという感じなのかも知れませんが、

 

どうしても会社が大きくなると、

 

上の人達はお客様と直接会うこともなく、

 

毎日数字ばかり見ているので、そうなるのかも知れません。

 

しかし、だからといって、

 

お客様のマイホーム計画を、根本からダメにしてしまうという行為は、

 

許しがたいことです。

 

 

 

私は住宅会社側にもいたことがあります。

 

なので、どういう進め方をしていくかも当然分かっています。

 

お客様が不安に感じないためにも、

 

マイホームの計画で不幸にならない為にも、

 

マイホームプロデューサーが隣にいることが必要なんだと、

 

改めて感じた事件でした。
メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!