季節を変えて考える

マイホームというのは、

 

とかく計画の段階での状況を加味しすぎになりがちです。

 

例えば今の時期であれば、

 

夏をベースにマイホームを考えます。

 

それはある意味、当たり前のことです。

 

 

 

しかし手にしたマイホームには、

 

その季節だけ住むのではありません。

 

春もあり秋もあり、冬もあります。

 

そして今デメリットに感じることも、

 

それがメリットに感じる季節もあるということです。

 

 

 

例えば今の季節、西日は嫌がられます。

 

しかし冬場になると、逆に部屋を暖めてくれるかもしれません。

 

であれば、嫌な時期だけそれを防ぐ方法がないかと、

 

考えるというのも一つの選択肢になります。

 

それを今の季節のことだけを考えて、

 

例えばマンションで、西に窓のない部屋を選ぶとか、

 

戸建で西に窓を設けないとか、

 

安易に考えてしまうと、後悔のもとになります。

 

逆の季節のことも考えて、

 

ちゃんとした検討をもとに選ぶのであれば、不満にはなりませんが、

 

そういう検討が出来ていなければ、しまったのもとになるわけです。

 

 

 

そこで選択肢を示してあげるのが、

 

本来は住宅会社の営業です。

 

お客様にはイメージ出来ないことなどを、

 

選択肢として検討のテーブルの上に出すのは、

 

やはりプロの仕事でしょう。

 

 

 

お客様が言ったことに対して、何も提案が出ないとしたら、

 

それは販売員であり、営業とは言えません。

 

将来の不満の種を出来るだけ失くし、満足が長く続くために、

 

かゆいところに手が届く営業をちゃんと選びたいものです。

 

 

 

お客様の側でも、

 

逆の季節で考えてみることで、

 

不満の種を摘めることもありますので、ご参考にされてください。
メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!