金額に見合った価値があるのか

家づくりの段階において、

 

当初の予定よりも高くなってしまうこともよくあります。

 

そしてコストを抑えたいと、

 

住宅会社に伝えることもあります。

 

住宅会社を変えないという前提がある場合、

 

コストを下げるには、

 

建物をコンパクトにする、もしくはスマートにする、

 

仕様を落とす、値引きをする、という

 

選択肢しかありません。

 

 

 

単に値引きで対応をするという会社があまり良くないというのは、

 

以前にメルマガでもお伝えしたかもしれません。

 

普通は、間取りか仕様で調整しようとします。

 

 

 

間取りに無駄な贅肉があるのならば、

 

それを削ることは悪いことではありません。

 

しかし生活の利便性すら削るのであれば、

 

費用対効果をちゃんと考えてから決定すべきです。

 

 

 

長い目で見ると、

 

小さな金額を削らんがために、

 

大きな使い勝手を捨て、

 

我慢しながらの生活を強いられる方もいます。

 

本来は、それを住宅会社側がちゃんと説明するべきなんですが、

 

担当によっては、

 

金額を下げるように言われたからというだけで、

 

提案することなく作ってしまう方もいます。

 

お客様だけではそれに気付けないんですね。

 

 

 

だからこそ、マイホームプロデューサーが必要です。

 

それが本当に価値のある選択なのかどうなのか、

 

客観的なアドバイスがあるかどうかで、

 

満足度は大きく変わります。

 

あのお金を出していれば、

 

こんな不満は抱えずに、済んだ。

 

そういうことってよくあります。

 

 

 

金額に見合う価値があるのかどうか、

 

追加する時も、削る時も、

 

そういうことを考えることが重要です。
メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!