何のためにそれをするのか

マイホームの計画では、多くの手続きがあったり、提出書類があったりします。

 

お客様からすると分からないことだらけで、

 

言われるがままに進んでしまうこともあります。

 

 

 

業者側からすると、何度も何度もやっていく中で当たり前になってしまい、

 

なぜそれが必要か、何のために必要なのかという説明を端折ってしまうこともしばしば。

 

それが大きな誤解を生んでしまい、トラブルに発展してしまうこともあるようです。

 

 

 

これは特に、業者側が気を付けて、

 

誤解を生みそうなことをしっかり説明したり、

 

イメージの相違がないように図で示したりしながら進めていくべきことでしょうが、

 

お客様側も、とにかくちゃんと腑に落ちないことは、

 

何度でも確認して、説明を求めるべきです。

 

その際の対応が、担当選びのポイントにもなります。

 

 

 

そしてこういう対応は、マニュアルだけではカバーできないもので、

 

応用力が大事になってくるところです。

 

どんなに組織が大きくても、個人がどれだけの対応力を持っているか、

 

それ次第で満足度が変わるという、マイホーム計画の鉄則にも絡む部分です。
メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!