借り換え相談

5月に入り、フラット35の借り換えの相談を多く頂いています。

 

例のマイナス金利の影響で、フラット35の金利が史上最低となったためです。

 

 

 

特に今回手続きをしようとされている方は、

 

現在フラット35で借入されている方です。

 

フラット35からフラット35への借り換えが出来ることを、

 

ご存じない方が多かったのですが、可能です。

 

 

 

もともとフラット35は、住宅金融公庫の後に作られたもので、

 

全期間固定金利をその特徴とするローンです。

 

住宅金融公庫が二段階金利で、

 

一番低かったのが、当初10年間2.0%、11年目以降4.0%でした。

 

今となってはこれでも高い金利と感じますが、

 

当時は一番の低金利だった住宅ローンです。

 

 

 

フラット35は基本的に全期間固定なのですが、

 

一定の技術基準を満たす家に関しては、

 

国の補助をもとに一定期間金利をマイナスするというキャンペーンが組まれました。

 

それによって当初10年間一番低い金利となったが0.99%

 

しかしその後段階的に上がっていくので、最終的にはもっと高い金利になります。

 

 

 

それが5月実行でのフラット35の金利が1.08%。

 

最終返済までこの金利のままです。

 

3~5年前に借入された方の効果をシミュレーションしてみると、

 

諸費用分を借り入れに含めて残債が増えても、

 

200万~500万のメリットが出ました。

 

当初の借入額や予定金利、経過回数によって効果は違いますが、

 

効果を確かめてみるのをお勧めします。

 

 

 

当初借入額、返済年数、経過回数、予定金利を教えて頂ければ、

 

効果のほどをすぐにシミュレーションします。

 

 

 

ちなみに住宅金融公庫やフラット35以外の、

 

一般金融機関で借入中の方も借り換えは可能ですが、

 

その場合、他にも検証しないといけないことがあります。

 

こちらはまた改めて。
メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!