スケジュール感

スケジュールというのは、

 

マイホーム計画において、

 

重要なポイントの一つになります。

 

 

 

私が個人的に考えるのは、

 

業者側が早めに資料を準備して、

 

お客様の検討する時間がゆったりとある、

 

それが正常な状態だと思います。

 

 

 

しかし住宅会社や設計士によっては、

 

資料の準備には多めに時間を確保しておいて、

 

お客様の決定にあまり時間を与えてくれないところもあります。

 

住宅会社側の都合が優先されている状態です。

 

 

 

しかも、いつまでにどこまでを決定しないといけないかを、

 

早めにお客様と共有していないので、

 

余計にギリギリ感を与えてしまう営業もいます。

 

 

 

焦らされたり、一度にたくさん決めなければならないということが、

 

あとあとの不満に繋がりやすいというのは、

 

容易に想像のつくところです。

 

 

 

やはりお客様は初めての経験であり、

 

そしてあくまで素人だということを、

 

住宅会社はいつも心に留めておいてほしいものです。

 

 

 

私がプロデュースさせて頂く中で、

 

いつも注意を払うのが、やはりこのスケジュール感です。

 

 

 

何をいつまでに決定しないといけないのか、

 

そのための資料をいつまでにもらえるのか、

 

そういうことを確認しながら進めることが、

 

満足する家づくりへの第一ボタンだと感じています。

 

メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!