見積に隠された意図

住宅会社の見積りには、意図が隠されています。
それには大きく分けて二つのものがあります。
 
一つ目は、「とにかく契約してほしい」という意図、
そしてもう一つは、「いい家にしてほしい」という意図です。
一つ目の意図も、別に良いとか悪いとは言いません。
住宅会社として営業をしているからこそ、しょうがない部分です。
 
しかし厄介なのが、お客様自身では、これに気付けないということです。
経験がないので当たり前のことではあります。
ほとんどの方が初めての経験で、
しかも注文住宅の場合は、モノがない状態で契約することになります。
ある程度住宅営業の言われるがまま、なのが家づくりです。
 
お客様の予算内で出来るということを認めて頂いて、
契約してほしいという意識が働くと、
後からかかる費用を隠して見せなかったり、
かからないように見せたりするのも散見されます。
契約後に予想外の出費というものが発生したりするわけです。
 
私がプロデュースで入っていると、
そういう営業側の意図というのが、本当に見えてきます。
目先の契約を見ているか、
それともいい家づくりの実現を目指しているか。
 
営業側にどんな意図があっても、
ちゃんといい家づくりの実現に向かえるように、
しっかりチェックしてアドバイスしていく務めが、
私にはあるのだと、つくづく感じています。
 
まあ、そんなことするから、
住宅会社側からは「やりにくい」と言われるのかも知れませんけどね。
しかし目指すべきは、
住宅会社がやりやすい家づくりではなくて、
お客様がちゃんと満足できる家づくりのはずなので、
嫌われても私はやめません。
 
予想外の出費がなかったとお話し頂いた、お客様の声動画はこちらから
メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!