生活に即した提案

 家づくりの際は、当たり前ですが図面で打ち合わせをします。
 そして当然ですが図面は縮尺図面であり、そこにたくさんの記号が並ぶことになります。
 なかなかそうなってくると、個々の空間で必要なものというのが考えにくくはなるのですが、担当者が細かいところまでどう提案してくれるか、それ次第で、出来た時の使い勝手は変わってきます。

 後から出来るものも当然ありますが、後から出来ない部分も意外と多かったりします。
 特にそれを設置するとなると補強が必要になるもの。これは後から工事しようとすると、不細工になりがちな部分です。


 うちでは、書斎にスーツをかけられるように長めのタオルハンガーを高いところに設置しました。かなり便利です。
 洗面所には風呂上りにバスタオルをすぐ取れるようにとタオルバーがありますが、これを高めに設置して、下に足ふきマットを干せるようにもう一本タオルバーを設置しました。これもかなり重宝しています。
 これらは手で引っ張ったりする関係上、しっかりと固定しなければならないもので、後から簡単につけられるものではありません。当然最初から補強がしてあれば大丈夫なのですが、そうでなければなかなか大変なところです。

 こういうちょっとした「あったらいいな」は、言われない限り気づけない部分だったりします。
 生活に即した提案が出てくるか、これも家づくりのパートナー選びでは大事になってきますね。

 ちなみに私がプロデュースする方には、詳細設計アドバイスの中で、この辺をご紹介したりしています。

メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!