家づくりで後悔する人の特徴

 家づくりに於いて、後々後悔をしてしまう人の中には、ある特徴を持った人がいます。
 それは、なぜその家を選んだのか、自分で説明が出来ない方です。

 実のところ、100%満足する家というのは、なかなか難しいのかもしれません。

 それでも、後悔するのと自分なりに納得するのとでは大きな違いがあります。
 そしてその後悔と納得の二パターンの方の一番の大きな違いは、どういう理由でこの家を選んだのか、自分で説明できるかできないかに出てきます。

 あるお客様は、契約してのちに相談がありました。
 どうしてもこのまま進めることに不安がある。実際依頼先にも不満がある状態で、今家づくりが進んでいる。そんなお客様でした。


 色々と紐解いていった中で質問しました。
 「なぜその家を選んだのですか?」
 その問いに、そのお客様は、こう答えました。
 「それは、木造の家だったからです」
 一瞬、え? という顔をしてしまいましたが、お客様は何の事だか分からなかったようです。
 それは不安があるだろうなと思いました。
 何故なら木造の家だから選んだというのであれば、まだまだたくさん頼める業者はあるからです。


 このまま住んでしまったとしたら、住んだ後にもまた後悔が募っていたかもしれません。選び方そのものに、ほころびがあったんですね。
 でもしょうがない部分もあります。皆さん家づくりは初めてですし、家づくりに於いては業者側から離れた、客観的な存在というのはなかなかいませんから。

 そしてしっかりプロデュースしてくれる専門家はいませんから。
 
 もっと早く出会えていたら、こんなにお金を無駄にしなくて済んだのにね。
 そのお客様の笑顔が、家の完成の時には本物の笑顔になるよう、そして私との出会いがその本物の笑顔に少しでも近づける役に立てていたらいいなと思った一日でした。

メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!