全額ローンと契約金


 家づくりを進めていく際に、全部ローンでまかないたいという方もいらっしゃいます。
 
 住宅ローンは、全額を対象にすることも出来ます。ただし、最近は審査が厳しめになっている現実もあります。
 しかし、土地や家を購入しようとする場合、スケジュール的に、どうしても現金が必要になる場面もあります。
 金融機関がローンを実行するのは、あくまで担保が取れる前提があるから。土地や中古住宅の場合は、すでにそこに担保物件があるのでまだいいのですが、注文住宅の場合は、それが担保としての価値を持つのは、契約からはるか先。
 契約する際に必要になる契約金は、現金で用意するしかありません。

 この際に、援助や生命保険の契約者貸付が利用できるのであれば、まだ問題はないのですが、それも用意出来ないとすると、契約自体が出来ない可能性もあります。
 契約金というのは、一般的に請負金額の10%ですが、業者によって、もう少し少なくても大丈夫です。しかしこの下限が違うため、自己資金額に不安がある方は、契約金の下限を確認しておくのも重要です。

 いざ契約となって、契約金が準備できずに諦めざるを得ないというのも、つらい話です。
 押さえるべきは押さえておきましょう。

メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!