終の棲家


 終の棲家という言葉があります。
 余生をどういう家で過ごすか、それは自分で選べるものです。
 
 最近では、高齢者がマンションに住むということが増えています。
 確かにマンションは便利な場所にありますし、戸締りも楽です。
 しかし反面、地面から遠くなってしまうというデメリットもあります。

 こういう言い方は正しいのかどうか分かりませんが、人は最後に土に還ります。

 その土の近くにちゃんといるというのも、終の棲家としてはいいのではないかと思います。

 こんなに土から離れて生活するようになったのは、せいぜいこの50年ほどです。
 それ以前は、みんな土に近いところで生活をしていました。
 安らぐとか、安心するとか、落ち着くとか、私たちが生きていく中で大事なものが、自然にはあるように思うのです。
 
 便利さを追い求めて、その分現代人は不安になってきました。
 シニア世代に選ぶ家は、まさに終の棲家です。
 どういう場所で余生を過ごすのか、じっくり考えたいものですね。

メルマガ購読・解除
マイホームプロデューサーが教える家づくりのコツ

読者購読規約
powered by まぐまぐ!